九次挑战终究成功,M20正式点亮!

2019-09-13

ソフトバンクM20点灯!松田が决胜2点适时三塁打​

 楽天は初回、茂木の3号ソロで先制。ソフトバンクは1回、2回と得点圏に走者を进めるも无得点。则本は3回を无失点に抑える。
 ソフトバンクは4回、吉村の右前打で胜ち越し。その裏、楽天中川に1号2ランを许すも、6回に明石、吉村の适时打で再逆転。
 ソフトバンクは、6-6の9回に松田が2点适时三塁打を放ち胜ち越しに成功。ついにマジック20が点灯した。

前面已经挑战点灯失败八次的软银,今天进行第九次的挑战。点灯的条件依然一样:软银获胜并且火腿斗士输球。

在这场比赛中,和田容易被全垒打的老毛病又犯了。这场和田七局被打5支安打、送出六次三振,但因为有两支全垒打的关係掉了三分。幸好今天顶替柳田先发的老将吉村两次平手得点圈上有人时(四局、六局)都敲出安打,让软银以领先的姿态进入了后段战。

七局上半则本濒临体力极限,投得摇摇晃晃之际被内川在满垒时敲出两分打点一垒安打,取得六比三的三分领先。加上此时欧力士已逆转火腿,眼看第九次挑战点灯终于要成功,森却在八下两出局后连续被敲三支安打追平。

但在九上楽天守护神松井裕树却先后保送了中村晃和江川智晃(中间本多牺牲触击),虽解决内川来到两出局,但却被五棒的松田相中一颗偏低的球扫到外野形成三垒安打!热男的关键一击也让软银取得八比六的领先,九下Sarfate不再开剧场,三者凡退为这场比赛收尾。

赛后因为火腿输球软银赢球,本季第九次挑战点灯终于成功!目前魔术数字为M20,中央联盟部分广岛则为M7。